2015年12月23日

初冬の天狗岳〜唐沢鉱泉より〜@

日付:2015.12.19〜20


本格的な山行は、GWの槍ヶ岳以来の半年ぶり・・・

今年は、hinaを連れての家族旅、新人山仲間との旅を

結構楽しんでました。

しかし、やはり時として激しく、冒険的な、人間本来の神経が

研ぎ澄まされるような中に身を置きたくなる・・・


pp740.jpg


体力的にも感覚的にも落ちてる中、向かった先は

まだ雪な無く車でアクセスできる八ヶ岳は唐沢鉱泉

こちら「日本秘湯を守る会」にも選ばれている温泉

私の冬山の原点でもある桜平登山口との分岐を直線し

ダートコースを20〜30分

未舗装だが、美濃戸と比べると3倍は走りやすい

普通車でも何の問題もないが、今朝は結構滑った


pp741.jpg


8時半過ぎだったので先行者は結構いたが今回選んだこちらの

西天狗へ至る、西尾根ルートは人気がない


pp742.jpg

踏み後があるので先行者はいるが、登頂までで出会ったのは

下山してきた単独者1人のみだった

テント装備の重荷を担いでゆっくりと森林帯のなか高度をあげる


pp743.jpg

1時間ほどで、上が明るくなってきたなあというところで

pp744.jpg

尾根にでる

pp745.jpg

尾根と言ってもまだ樹林帯の中なので風はなくむしろ汗をかいてしまう

汗だくのまま稜線で風にやられるのが一番危ないのでなるべく汗を

かかないようにするが、そんなに上手くいくわけもなく汗を垂らしていた

pp746.jpg


第一展望台

pp747.jpg

ここらへんで、下山の単独の方とあったが

上はほとんど雲の中で展望がなかったらしい

予報では昼過ぎまで曇り予報だったので、わざと遅めの出発にした

pp748.jpg

雪のついた木々と青空が美しい

山頂部のみ雲が多いようだが青空はあるので

晴れることを期待し進む


pp749.jpg

出た!西天狗岳だ

結構な山容でございます


pp750.jpg

ここから見るに、かなり急斜面に見える

やばい、どうやって登っていくのかゾクゾクする

pp751.jpg

速い流れで雲が取れ、主峰たちが見える


pp752.jpg


この光景に、わあ〜って感じ

美しい・・・

第二展望台より一度下り、森林限界を抜け壁の下まで来た

ここでアイゼンを装着する


pp753.jpg


ゆっくりと登ってきた西尾根と北八ヶ岳

降りたての雪化粧が美しい


pp754.jpg

さすがに風が痛くなってきたのでヤッケを着る

激しく見えた西斜面もアイゼン歩行さえしっかりしていれば特に問題がない

pp755.jpg

この眺望をみながら休憩

だいぶ高度を上げてきたこの感じ

pp756.jpg


山頂かと思っていたピークに来たらまだ先があった

斜度がちょっと緩くなる

pp757.jpg


よっしゃー山頂

人が結構いたのでちょっと興醒め・・・

しかし・・・


pp758.jpg


おお〜  すげ〜  きれい

雲海になってるし

pp759.jpg


西から見る 東天狗岳


pp760.jpg


稜線はちょと風がつよい

初めて山専ボトルにお茶を入れて持ってきたのを飲む

この山専ボトルは高保温性があるので子どものミルク用に

買って毎日使っているヤツ

山形への10時間の帰省でもアツアツのお湯を保ってくれる優れもの

1歳半になったので寝る前の一杯しか飲まないので

今回持ってきた

pp761.jpg

根石岳も真っ白

pp762.jpg

西天狗から下りコルからみる東天狗もいい感じ

pp763.jpg

東天狗山頂!

特段感動もなかったのですぐに今夜の宿オーレンに

西天狗への登りからかなりゆっくりしてしまったので

計画した時間よりかなり遅れてしまったし

pp764.jpg


東天狗からの稜線も恰好いい

雲海も絵になる

pp765.jpg


ああ〜美しすぎる

楽しすぎる

サリーには感謝だ


この日は2か月もまえから予約していたので、

この天気にも感謝感謝


pp766.jpg


ここからは寝床を探しながらゆっくり歩く


根石小屋に寄り道しテントが張れるところがないか確認

pp767.jpg

ん〜〜微妙な狭さ

かなり風が強いしやめた

やっぱオーレンか・・・

一応テントを持ってきたが片づけるが億劫に感じてしまって

実は避難小屋にちゃっかり泊まろうと計画はしていたのだ


pp768.jpg


夏沢峠からオーレンまでの樹林帯に西日が入り

美しい演出


pp769.jpg


やっぱ、今夜はここに泊まろう

暖かい

こんな暖かいところがあるのにマイナス18度のなか

テントで寝たのもこのオーレンだった・・・


pp770.jpg

山形芋煮も有名になったものだ

高級フリーズドライが近所のスーパーに売っていた

今日はこれをベースに芋煮込みウドンだ


pp771.jpg

誰かほかに泊まる人がいるかもと酒をちょっと多めに

持ってきたが、THE おひとり様でした・・・

ミカミも誘っていたが、前日忘年会で無理とのこと

小屋の一人泊はテント泊の2倍さみしい感じで

眞澄のキンキンに冷えた酒が身に染みた


pp772.jpg


ああ〜さみしい長い夜だった・・・


しかし、サリーの高級シュラフは実に暖かかった

室温マイナス5度だったが、暑くて何回もチャックを開けて

調整した一夜だった



つづく





posted by teruya at 06:40| 愛知 ☀| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

晩秋の入笠山

日付:2015.10.18


北アルプスでは冠雪の便りがとどく晩秋

ロープウェイで手軽に行ける入笠山に行ってきました。


pp720.jpg

どんより曇り空の下界を抜けると天高く馬肥ゆる秋空と雲海

pp721.jpg

西穂用に買ったモンベルのつなぎ


ゴンドラの中は太陽に蒸され暑かった


pp722.jpg

八ヶ岳

今年はまだ一回も行ってないな・・・

pp724.jpg

いい感じ

pp723.jpg

まこPも一緒です

子連れなんで緩い感じで秋を堪能する

pp725.jpg

入笠湿原

なんかカラカラだった

花の無いお花畑で遠回りしながら・・・

pp726.jpg


1時間ほどで山頂へ

結構な人出で、この山頂でみんなランチ


pp727.jpg

スプーンを離さないhina

この後、我々もこの山頂で納豆ランチとし

爽やかな秋風に納豆の糸をなびかせながらいただいた


pp728.jpg


ちょっとマッタリした後に、大阿原湿原方面へ

いい感じの紅葉の森


pp729.jpg

一度舗装された林道にでると金色になった唐松が青空に

映えていた


pp730.jpg


この林道は戸台まで行っているから、最初はそちらから

車で行こうとしたが半分以上ダートコースだったのでやめた

バイクや自転車ならいいかもしれない

静かな林道を楽しめる事間違いない


pp731.jpg


大阿原湿原へ到着

pp732.jpg

秋です


pp734.jpg

いいです


pp733.jpg


広い湿原

そして燃える木々


子連れやちょっとしたトレッキングにちょうどよい


pp735.jpg


後半は、湿潤の苔ロードへ


pp736.jpg


木漏れ日と苔

癒される・・・


1周 3,40分の木道で途中までだが車いすでも行ける

ただ、8−16時だったかはマイカー規制なので結構制限されるが


pp737.jpg

子連れで、思いもよらず予想以上に秋を満喫できた入笠山だった


帰りは、ゴンドラ券に付属していたソフトクリームの割引券につられ

ルバーブのソフトを堪能した

ルバーブって何か未だにわからないが、甘酸っぱい感じのピンク色の

美味なソフトクリームをみんなで堪能した

ただ一人私はバニラにしたが・・・



posted by teruya at 22:20| 愛知 ☀| Comment(0) | 子連れトレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

鳥海湖〜笙ガ岳方面に〜


日付:2015.8.11

(hina:1歳)


pp717.jpg

夏の国道7号の景色

pp700.jpg

あまりぱっとしない空模様のなか鉾立口より入山する

同じく帰省している二角形とともに

pp701.jpg

hinaも一緒に

朝早くから親の楽しみのために付き合ってもらってます

pp702.jpg

天気のせいか平日のせいか、人はまばら

カンカン照りでないので登りやすい

pp703.jpg

鉾立口からは石段で歩きやすい

あっという間に稲村ヶ岳が見えてくれば小浜小屋はすぐだ

pp705.jpg

前回のにゅうでの反省で

モンベルでキッズ用のインナー上下にウールのソックスでバッチリ


pp706.jpg

いえ〜い!

pp713.jpg

小浜小屋から笙ガ岳方面へなだらかな稜線をたどる

写真はその稜線から小屋を見ている

pp707.jpg

人気がなくお勧めの穴場だ

pp710.jpg

広い平地になっていて眺望も最高

人もいない

pp712.jpg

しずかでのんびりと休憩

ぼお〜っと


pp711.jpg

下る途中

大都会東京からお越しの同じく、2歳くらいの子供を

キャリーバックスタイルで登られているご夫婦と少しお話し

させてもらった

なぜなら、本来私たちがほしかったマックパックの

高級(モンベルの1.5倍)キャリーバックを使っていたからだ


やはり、行動中のふらつきがなくドッシリと安定しているようだった

pp716.jpg


hinaがもう少し大きくなったら、それかな・・・


くれぐれも子どもの高所はご安全に



そろそろソロ山行も行きたい今日この頃です




posted by teruya at 09:25| 愛知 ☁| Comment(0) | 子連れトレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索