2015年02月16日

私もスキーに連れてって・・・


日付:2015.02.15


冬シーズンたけなわですが

年明けから、家族順番に風邪菌に襲われてた・・・

今年は小さな息子がいるわけで、スキーどころではないかと

思っていたが、サリーの知り合いのスキー一家からの

「7ヶ月くらいで連れてってたよ〜」という言霊を聞き

一気に盛り上がった我が家であった。


pp556.jpg


やぶはらスキー場

なんか行ったことあるな〜と思ったら、ちょうど3年前の同じ日に

ココに来ていたのだった(2012年 記事へ

話によると、今日は今シーズン一番の降雪日かもとのことで

スキー場に到着したときはまだ結構雪が降っててヒュッテで

ソワソワしていた。


1時間ほどソワソワしてたら、若干弱まってきたため

ゲレンデへ


pp557.jpg


出発前日に思いついた息子の防寒着

私の使い込んだゴアテックスのカッパを逆さに着せる

腕に足を通し、すそをグッと絞ってやれば出来上がり

われながらに関心してしまった


pp555.jpg


昼から晴れてきて、最高のコンディションとなった

2人で12回券を買って十分に楽しめた


サリーのお知り合いの方、私は初対面だったが

コブ壁に誘われ初すべりで2本も壁をすべれば

息があがり、腰にきてしまった。


年齢を重ねるにつれ、しっかと準備運動はすべきだな・・・


pp559.jpg


おまけにこの鉱泉ヒュッテにて

ここの店主の娘所属?のゴスペルクワイヤーが東京から

わざわざ来て無料でライブをおこなっった貴重な日だった


さすがは東京もんは違うダニ

ゴスペルをやっているサリーも、今までで一番上手いクワイヤだと

言っていった。

いや〜、いい日に来たもんだ



pp558.jpg


という訳で、今年も楽しみますか




posted by teruya at 21:35| 愛知 ☀| Comment(0) | あそび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

新たな趣味〜MTBすげ〜@


日付:2014.04.13

先週の事、前から気になっていた「自転車」を買ってしまった。

街乗りや通勤で使うには、抵抗が大きいブロックパターンのマウンテンバイク。

山に行こうとしたが強打した足が痛く登山靴が履けなかったので

せっかく買ったチャリでお出かけすることにした。

qq90.jpg

朝5時前に起床し、6時の時報花火とともに出発。

qq91.jpg

山超えして、海まで行こうとgoogle地図で確認した。

「東三河ふるさと公園」沿いの県道368で行く


qq92.jpg

おっ、と砂利道?


qq93.jpg

いのししを捕らえるトラップか?

qq94.jpg

ほんとに県道か?これ?

だいぶ荒れている・・・


qq95.jpg

つうか、道無いよね?

まじで?

qq96.jpg

藪を掻き分けると丸太の橋?があった。

降りて渡る


qq97.jpg

完全に車は通れない登山道の様

qq98.jpg

果たして自転車で行っていいものか迷うが

なんだかワクワクしてきたのでとりあえず進む

すると、どっかの道に合流した。

あっ!

知ってるココ

何回かトレッキングで歩いたことがアル。

ふるさと公園から公園外に出たところ

にあるいつの時代からあるのか、たぶん江戸時代以前からあったと

思われるいわゆる「古道」が東海道の宿場「御油」に続く道があるのだ。




qq99.jpg

だいぶ荒れているところは自転車を押しながら進む

qq100.jpg


しかし、MTBすげ〜

アスファルトではイマイチだが、山では本領発揮!

水を得た魚のようだ。

ギヤを下げて漕げばグイグイ登るし、ブロックタイヤががっちりグリップする。

qq101.jpg


しかし、斜度がきついと無理

qq102.jpg


ココが公園からの来る道の分岐

宮路山へとつづく


qq103.jpg

先ほどの看板に書いてあった「馬頭観音」

江戸時代には灰野村と御油を結ぶこの道は往来が激しかったらしい。

ココまでの登りが「灰野坂」という峠であり、昔は人と荷物の運搬は

もっぱら馬に頼っていて、その愛馬が無くなったのを哀れんでこの観音

を建立されたらしい。


qq104.jpg

いい感じの竹林をブイブイ進む

qq105.jpg

おっ、最近設置が多くなってきたシカ、いのししよけ

開けて先へ進む


qq106.jpg

「灰野ヤブニッケイ」

たぶん天然記念物的な

このきれいな竹林のことかな?


qq107.jpg

きもちいい

超最高にたのしい。

アドレナリン出っ放し!

この道に導いてくれた神様に感謝。


qq108.jpg

アスファルトにでた


qq109.jpg


すぐに「八柱神社」


この「八柱」と聞くと、黄泉の国にイザナギがイザナミを迎えにいった際に

変わり果てたイザナミの姿に八柱の雷神がまとわりついていたと古事記にあった

のを思い出し、なんだかあまりいい感じは受けなかった・・・





つづく






posted by teruya at 21:38| 愛知 ☀| Comment(0) | あそび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

鉄砲木ノ頭


日付:2014.03.15


今年に入り、まったく山に行っていない

そのため、フラストレーションでもうどうにかしなくてはと思い

午後からの予定の前に、ちょっと寄り道をしてみた。

qq060.jpg

ちょっと前まで雪が降っていたようで木々に積もった様子がきれいだった。

ゆっくり上っている時間もないので、悩んだ末選んだ場所。

qq061.jpg

山中湖からパノラマ台へ

そこからはキレイの南アルプスが見えていた。

qq062.jpg

10台もとめられない駐車場は、日の出前からいっぱいで

カメラマンが陣取っている。

qq063.jpg


我々は、ココから40分ほどで山頂の鉄砲木ノ頭。

なんでこんな名前かはようわからん。

残念ながら富士山は雲の中、、、


qq065.jpg

ちょっと、旭日に焼けて来たか


qq066.jpg

おお〜、出てきた

qq067.jpg

フワフワの新雪を掻き分け登ること40分

山頂へ到着。

気温はマイナス5度だが風がちょっとあり、身体にシミル

qq069.jpg

満月の夜に歩くのもいいかも知れない場所

祈ります


qq070.jpg

人生はイロイロある

思いっきり行こう

qq071.jpg

ご縁に感謝

qq072.jpg

ああ〜、やっぱ山はいいわ〜



ご安全に










posted by teruya at 20:03| 愛知 | Comment(0) | あそび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索