2010年05月28日

毎日サンドイッチ

時差11〜12時間でも長い道のりだった昨日により
時差ボケもなく気持ちよく目覚めた朝でした。


A0005.jpg

昨夜、ホテル着く前に寄ったスーパーでパン、ハム、野菜、マヨネーズ等を調達し、カナディアンサンドウィッチをかぶりつきます

A0006.jpg

旅のはじめは雨模様ですが、カッパを着て歩くのも楽しいものです。
軽登山靴にザック、カッパは必需品です。


A0007.jpg

昨日のガイドさんにお勧めのレストランで極厚のアルバータ牛を堪能しました。蝋燭がともるいい雰囲気でのご飯とお酒は最高ですな

A0008.jpg

21時頃、レストランを後にホテルまで歩きます。
この明るさ・・・日没は22〜23時ととってもお得な感じです。

A0009.jpg


なが〜い貨物列車のところに出て来た鹿?


日没が遅くても、朝は5〜6時頃から明るくなり始めます。


今日はレイクルイーズまで移動します。
ホントはレンタカーを借りて自分たちで移動しようと国際免許を日本で取得(警察でお金払えばもらえる)したのに、忘れてきてしまった


A0010.jpg

コロンビア大氷原
ガイドさんの車で移動します、道中いろいろ寄って

A0011.jpg

いっぱいきれいなレイクがあります。
このエメラルドグリーンは氷河が溶ける際、岩山を削ってその結晶が
光にあたってあの色になるみたいです(ロックフラワー)

A0013.jpg

妻の夢が叶いました。レイク・ルイーズ
この後ろにあるシャトー・レイク・ルイーズに滞在しました。

A0012.jpg

夜はアメリカンバーにて一杯
この兄ちゃんにお願いしておいしいカクテルを作ってもらい大満足
グッスリ寝れそうです

A0014.jpg


部屋から見える朝もやの湖
アドレナリンが出っ放しで朝5時半に目が覚め、6時過ぎに散歩に、

A0015.jpg


ホテルの上にあるアグネス湖をめざし地図を確認
だれもいない、木漏れ日が気持ちの良い山道を登っていきます

A0016.jpg

最高です。この光

後ろから登ってきた欧米の若いギャル2人に
「湖に向かってるの?湖はこっちの道?」って聞かれたから
「メイビー」って答え、さらに登ります


A0017.jpg


出ました。だれもいない一番乗りのビクトリア
木曽駒の千畳敷にもにてます。

わー

つい叫びたくなります


A0018.jpg



ちょいとマッタリして、今日のガイドさんとの約束の時間があるので
急いで下ります。

続々、登ってくる人とすれ違い
「ハロー」 「グッモーニング」 「ハワイユー」
山での挨拶は世界共通です


つづく




posted by teruya at 11:10| Comment(0) | 海外渡航 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

カナダどらい

去年の7月のこと
カナダへ行ってきました。
ルート都市はジャスパー⇒レイクルイーズ⇒バンフ
妻が小学校の時に見たカレンダーの写真として
使われていたレイクルイーズに行くのが夢だったようです。


日本を離れるまでがかなりのドラマチックだったので
すこしお話しましょう。


7月5日(日)に高専で一緒だった、太郎の結婚式で
米沢にいきました。


A0001.jpg


次の日は、社長が酒田に来るということで出勤・・・

その日はホテルに泊まって、ほぼ寝れぬまま朝3:00に出て
会社に向かい18:30に家に帰ってきて21時に車で東京の妻の
実家に行き、次の日の夕方に成田から出発の予定でした。


新潟で車に異音が発生し、黒崎Pに止めてJAFを呼んでみてもらったら
これ以上走らない方が・・・


・・・・


いろいろ悩んだ末、今日は車に寝て、早朝にJAFから近くのディーラー
に運んでもらうことに。


気がつけば、日付が7月7日に


あまり寝れぬ2日連夜。



A0002.jpg


新潟のディーラーに置いておいても取りくるのが何かと大変。
早朝に小学校からの友人、慎吾さんに駄目もとで連絡して
みて、何とか取りに来てもらうことに。

マジでありがとう!

そして、新幹線にて成田へ直行し飛び立ったのです。

A0003.jpg


それが、7月7日の19時頃


約9時間のフライトでバンクーバーに7月7日の13時頃
到着し、国内線で1時間半飛んでエドモントンへ到着

まだまだ移動は終わりません。

A0004.jpg

現地ガイドさんの車にて5時間かけてジャスパーって小さな
町へ着いたのは7月7日の23時でした。


ホテルに着いて倒れる様に眠りについたのは言うまでもありません。


こんなに長い7月7日は忘れることができませんね


つづく・・・
posted by teruya at 20:30| Comment(0) | 海外渡航 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索