2017年01月04日

Hiroshima〜宮島〜弥山

日付:2016.10.15〜17

1日目(記事)

2日目


pp927.jpg


広島市内から移動し、JR宮島口駅裏の中丸観光さんの駐車場へ駐車

¥500/日で地下道でフェリー乗り場へ近道できる

本日は雨空にて地下道は助かる

pp928.jpg

フェリーの運航会社は、JRと松大汽船の2つあり

我々はJRを選択した。というのも、JRフェリーは大鳥居に

接近してくれるので海上からの写真をとるのにはこちらがおすすめ。


pp929.jpg

大鳥居を見るには進行方向右側に陣取ろう

しかし、2船での往復運航でフェリーの形式が2種類あるため

片方は出航後、180度旋回して運航するため乗船時と向きが

逆になるので気をつけよう


pp930.jpg

また、この日は大潮で満潮気味でフェリーが近づくと

境内に潮が押し寄せるため残念ながら大鳥居の大接近は

出来なかった・・・。

pp931.jpg

広島方面

pp932.jpg

約10分で宮島に上陸

本日の宿、菊野屋さんのお迎えの車で宿に荷物を置きに行く

pp933.jpg

さっきは雨はパラついていてこれから天気は崩れる予定だが

今は太陽も出てるので、まずは今のうちに弥山登頂を目指す


pp934.jpg

そこら中に鹿がいる

pp935.jpg

若干、色づきはじめ

pp936.jpg

ロープウェイを2本乗り継ぎ標高差430mを登る

上に近づくと雨がポツポツ降っている


pp938.jpg

なんか珍しい蝶?蛾?

駅にておにぎりを食べ雨が上がるのを待つ


pp939.jpg

駅を出るとある獅子岩

と、その向こうの海に見える一筋のラインは・・・


pp940.jpg

潜水艦!?

動いている姿を初めてみた


pp941.jpg

これから向かう山頂

結構あるな

帰ってくる人達はみな汗だくで息を切らしている

pp942.jpg

背負った途端に眠る

pp943.jpg

おしゃれな地蔵様

pp944.jpg

2、30分で第一チェックポイント

弥山本堂と霊火堂

pp945.jpg

この霊火堂

806年,弘法大師が修行の際に焚いた火が今日まで

途絶えることなく、燃え続ける火であり

その火で焚かれている霊水を飲むことで

万病に効くとされる

今年サリーは色々大変だったのでぜひにと思っていた

霊水の味は、イブリガッコのようにスモーキー

で決して旨くはない

pp947.jpg

また雨がパラつきカッパを被せ登ること2、30分

pp948.jpg

山頂展望台に到着

結構強く降ってきたのでその前に着いてよかった

pp949.jpg

ぐっすり

pp950.jpg

雨が上がってから大岩郡を回りながら脚にて下山開始

pp951.jpg

こんな立派な山とは知らず、裏がツルツルのスニーカーと

ジーパンで来たので下山がつらかった

pp952.jpg

とても立派な大聖院

行きたかったが、hinaが行かないと

ダダをこねるので諦めた

pp953.jpg

下界まで帰ってきたら鹿がお出迎え

pp954.jpg

高展望の平松茶屋にて軽く昼ご飯もかね一服

下山後のビールが最高

pp955.jpg

潮もだいぶ引いたころに大鳥居に

下はグチョグチョだからスニーカーはやめた方がいい

いっそビーサンがいいだろう

pp956.jpg

おお、でかい

反対側が補修工事中だったのが残念

pp957.jpg

潮の満ち引きで宇宙を感じ、ここに社を作った神秘を感じる


pp958.jpg


干潮の時に現れる「鏡の池」

ここだけ水が湧き出ている不思議な池・・・


つづく



posted by teruya at 12:38| 愛知 ☀| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

Hiroshima〜しまなみ海道〜平和記念公園〜

日付:2016.10.15〜17

1日目

人類史上初めて原爆を投下された都市

戦後の日本の中でそんな認識も薄れてきた昨今、

ここは一度ゆっくりと行かねば・・・

そして、満月の夜に世界遺産になった宮島の厳島神社に行ってきました


pp910.jpg

2か月以上前に宿の予約も入れたが

具体的な行動計画は行く1週間も前になってからだった

Google地図でなんとなしに眺めていたら、島々が点在する

場所があり調べてみたら「しまなみ海道」なるものがあった

何か景色良さそうで展望台でも行って見ようかと思っていたところ

何と、島々を結ぶ橋を経由してサイクリングができることが分かった。


「大橋を自転車で渡る」

何とも私の冒険心をくすぐる

これは行かねばなるまい

しまなみ海道、広島〜愛媛間を一日かけて自転車で渡ることも

可能だったが、我が家のメインは平和記念公園だったので

サクッとそれなりに雰囲気を味わうことができる場所

それは、広島と愛媛の県境でもあり、よくわからないがサイクリングの聖地

なるところであった。 多々羅大橋

道の駅「多々羅しまなみ公園」に無料で駐車し

構内のレンタルサイクルにて私は、チャイルドシート付の

普通のママチャリ、サリーは電動チャリをレンタル


pp911.jpg

道の駅から降りたIC方面に少し戻る感じで

サイクルロードにIN

pp912.jpg


橋上は結構強めの潮風がむかってくる

止まると寒いほど

この橋げたの真ん中である現象を体験できる

pp913.jpg


行った際はお試しあれ


pp915.jpg


多々羅大橋の全長約1.5km 渡ったところに到着


pp914.jpg


最近、カメラを新調し自撮りなど試してみる

pp916.jpg


帰りにサリーとチャリを交換

人生初の電動に乗って衝撃を受けた

素晴らし過ぎ日本のエンジニア!

快適だ!

どっちかというとチャイルドシート付に電動を当ててほしいけど

pp917.jpg

戻ってきたからは海沿いをちょいと散策

海もキレイで最高の気分

きもちがいい


pp918.jpg

フィナーレは道の駅内にある「幸せの鐘」をならしてゴール

pp919.jpg

昼食は、道の駅で1日5食限定の「マハタの兜煮」¥2300

身が柔らかく絶品です

pp920.jpg

広島市に移動しユースホテルにチェックイン

平和記念公園に徒歩で10分少々


pp921.jpg


人類の平和を壮大に、家庭の平和を少々祈ります

pp922.jpg

外国のそれもアジア以外の方が大勢いる

息子初の世界交流

グローバルな人生を願う父であった


pp923.jpg

被ばくした広島県物産陳列館前にて

pp924.jpg

原爆の投下目標であった珍しいT字型の橋「相生橋」

pp925.jpg

夜はホテル近くの名古屋系の居酒屋

19時まで飲み物半額、食べ物もおいしくリーズなぶる

個人的に広島風お好み焼きはあまり好みのでないので

このお店で大満足の夜だった

pp926.jpg


今日から明日にかけて満月

明日晴れますように・・・




2日目につづく
posted by teruya at 20:06| 愛知 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

私の宝物

日付:2014.07.12


心配していた台風の影響もあまりなく、一気に熱い夏になった週末。

大人気の高尾山へちょこっとハイキングへ行ってきました!

pp410.jpg

去年まで銭と不純な妄想にまみれていたジローと


pp411.jpg

ケーブルカーかリフトを使えば一気に観光地にいけるようだが

ビールをおいしくいただく為に汗をかかねば


今回は、というか初の高尾山は沢沿いの6番ルートを取ることにした。


pp412.jpg

駅の左側をすすむ


pp413.jpg

諏訪滝とわれらの守護神「不動明王」様へお参り


pp414.jpg

沢沿いはしっとりしていてマイナスイオンを浴びながら行く


pp415.jpg


正月ぶりにあったジローとはお互い話すことが多く

気づけば最後の急登に差し掛かっていた。


pp416.jpg

あまり感動のない山頂

pp417.jpg

土地勘がないため、どこの街なのかまるでわからない


pp418.jpg

山頂でしばらく人間観察したあとは城山方面へ尾根歩き

pp419.jpg

途中の展望スポットにて、露出狂のおっさんとすれ違い

周りの人と目が合い笑うしかなかった・・・

色々と気持ちがいいのかもしれない・・・


pp421.jpg


高尾山より50分ほどで

小仏城山山頂へ


pp420.jpg


あついね

pp422.jpg

人の多さにびっくりする。

桜があり、その時期にはこれ以上の賑わいを想像できる。

ココまで縦走しランチを食べてピストンするパターンがちょうどいい

トレッキングなんだろうな〜


pp423.jpg

しかし、それではつまらないのでマイナールート好きの私の計画したルートは

小仏城山から相模湖へ下る東海遊歩道だ


pp424.jpg

あれはどいた人出だったが

このコースでは2,3人としか遭わなかった。


高尾山周辺のルートと違いわかり図らい分岐があるため、

地図、コンパスは持って行った方がというかどんなときも必要。

pp425.jpg

1時間弱で街が見えてくる。


pp426.jpg

田んぼなんかあり、のどかな風景に癒される



pp427.jpg

国道へでて、わたる


pp428.jpg


弁天橋


あの橋を渡ってJR中央線の相模湖駅に行こうかと思っていたが


すぐ近くでも、温泉「うるり」行きの無料バスのバス停があり


30過ぎのおっさんは迷わずココで足を止めた。


pp429.jpg


この無料バスは来週くらいで終わるらしい。

いいときに来たもんだ

温泉の泉質は白濁したぬるぬるの最高の温泉だった。

しかも、他にはないちょっと深さがある寝湯がこれまた最高


pp430.jpg


ジローから担いできてもらった4本のビールだったが


山では飲む気がせず、若干ぬるくなってはいたが重いしこのロビーで

宴会を始めるおっさん2人だった。


最高に気分のよくなったおっさん2人は・・・


pp431.jpg

2本のビールを飲み干し、相模湖駅行き無料バスの時間まで時間が

あったので食堂に移動して、このウーロンハイの如く濃いハイボールを

飲みだした。すっかり話し込んでいたらバス出発の2分前だった。


pp432.jpg


オージーザス

バスは行ってしまった・・・


普通の路線バスで行くこととしたが、まだ40分ほど時間がある。


pp433.jpg

目の前のふた昔には繁盛してたであろうカレー屋へ足が勝手に動いていた。


客はいなく、我々が入ったらエアコンを急いで入れてくれた女将。


カビくさい排風と懐かしい雰囲気の店内に思わずニヤケル


決して嫌いではないこういう冒険


pp434.jpg


ウーロンハイを頼んだら、チータラを出してくれた女将

コロッケカレーを2人で1つ頼んでみて、アベックのように

おっさん2人でカレーをつまむ、旨い

女将は、サービスでベーコンと瓜、ほうれん草の炒め物を作ってくれた。

こういう女将、旨い飯との出逢い。好きです


pp435.jpg

ほろ酔い以上のおっさん2人を乗せ相模湖の湖畔をバスは走った。


pp436.jpg

初めて見る色の電車

pp437.jpg


マジックアワー

おっさん2人は無言で眺めていた


pp438.jpg

やせていた大沼

前日に、大沼が東京にいることを知り

れんらくをしてみたら彼も高尾山を登ると聞いてびっくりした


この世の中はこう何か不思議な力がある

縁がある人とは逢えるのである


pp439.jpg


32年生きてきたが、心のそこから


私の宝物はコレ(トモダチ)だと確信した熱い日となった・・・


お金では決して買うことの出来ない、何物にも会えることのできないモノ


それがココにはあった




ありがとう マイフレンド





posted by teruya at 22:36| 愛知 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索