2013年11月03日

サプライズ


日付:2013.10.26〜27


夏頃から計画していた、いや・・・ミソいちと10年ぶりに
会った日に思いついたサプライズ。

結婚はしたがプロポーズはまだという、ミソいちのため
最高の場所でと一番最初に頭に浮かんだのはやはり、あの場所だった・・・

qq001.jpg

27号と28号、巨大台風の接近が週末に迫っていた。

晴れ男を信じた。

諏訪に10時に集合したときは冷たい雨が降り注いでいたので
北八ヶ岳散策は中止し、諏訪の街散策に変更。

一番広い車だったミカミ氏の車1台に乗り込み街中に向かって走っていると

地元の酒蔵である眞澄を発見!

qq002.jpg

300円で試飲とは・・・

運転手のミカミには悪かったが、全員で試飲した。

6種類。そして試飲に使ったショットグラスはもらえるので

お試しあれ。しかし、朝からいい酒が腹に浸みる。


ああ、いい気分のまま

下諏訪駅近くの3時間無料の市民会館駐車場に車をとめて

おいしい昼飯を探すべく歩き回ったがなかなか無かった。


もう、これ以上行くと何もなくなるというところに言っては悪いが

シミッタレタた大衆食堂とも書いてあるお店を発見。

その名も「草原」

qq003.jpg

一歩店に入ると、

失敗した・・・と思わせる様な店内の散らかりよう

メニューを見れば誰もが思わざる得ない様な、大衆向けではない値段・・・

まあ、そういう時はとりあえず飲んでごまかす。

しかし、いいかんじのお母さんが何とも親近感を覚える。

そんな時だった、雄大な「草原」の中にいた我々に霞んで見えなくなって

しまいそうな入り口のガラスドアから太陽の光が注いだのだ。

そして、我々はその光に導かれてステキな旅路へと進んで行った・・・


qq004.jpg

草原に入るまでは、こんなに晴れるとは思えなかったが

ビーナスラインからの眺望も最高。

今夜はゆっくり飲むべく、3時には大好きな「石遊の湯」温泉に向かう。

あれから10年、たるんだ肉体とはまだいかないが

確実に10年分は年を取っている。

円形の岩の露天風呂で円形になりながら積もりすぎる10年分を

語らうには時間が足りなかった。

あとは、夜に取っておき買い物を済ませ宿へ向かった。


qq005.jpg


去年もお世話になった。ネイチャービレッジ塩嶺のコテージ

qq006.jpg

怪盗さんに持ってきてもらったたこ焼き機で

たこ焼きパテーしながら「眞澄」を味わう。

昔を知っている友人というのは、なんだか心安らぐ。

ミソいちの奥さん、AIちゃんには方言も昔話もあまり分からず

退屈だったかもしれないが、大丈夫、あなたには明日が本番だよと

心の中で皆で思っていたに違いない。

平然な顔をしてたが実はミソいちは明日の事が気になって

しょうがなかったのかも知れない。

qq007.jpg

試飲でもらってきたショットグラスで急ピッチに注がれる酒。

ミカミはもっていないので茶碗で飲んでいた。

茶碗、湯のみで酒を飲む。それは、私にとっては冬のスキーの合宿を思わせた。

もうじきそのシーズンがやってくるのかと思うと時間の流れの速さに驚く。


明日は早い、宴もたけなわというときにミソいち夫婦が持ってきたという

ジェンガが始まった。


qq008.jpg


酔っ払いにしては、なかなか行ってるでしょう?

26段

この酒が空いたら寝ようといっていたのに、無くなったら

土産の酒にも手を出しだす始末。

いい加減、終わりが見えなくなってきた頃に就寝。

qq009.jpg

5時過ぎに出発し、いつもの道で岡谷方面から上って行くと

何と!通行止め。痛恨

なにやら塩尻方面からは行けると看板に書いてあったので向かった。

日の出の時間ぴったりに到着し、草原に向け急いで向かう。

ミソいちは不自然なバックを持っているが、AIちゃんはまったく気にしてない。

途中の東屋のところで、スーツにこっそり着替えるため

トイレとウソをいい別れる。


qq012.jpg

世明けの瞬間。

qq011.jpg

ああ、気持ちいい

あたたかい陽を浴びながらしばし眺望を楽しむ。

qq013.jpg

スーツに着替え、さらに靴も変えてやってきたミソいち。

しかし、この異変にまったく気づいていないのが、その嫁。

まったく鈍感で助かる。

「写真を撮ってやるよ。」と2人を誘導。


そのとき、さっきまでいた人々がいなくなり我々のみになった。
いつも、ここ多くの人で賑わっている場所なのだ

「神払い」





緊張のひとときをご覧アレ

qq014.jpg

ばっちり成功!

幸せをみんなで共有し、何ともいえない暖かさが心を支配する。


qq015.jpg


ありがとう!高ボッチ。


qq017.jpg

宿にもどりゆっくりと朝食を食べ、諏訪に戻る途中によった諏訪湖SA



これから出かける人々の雑踏を尻目に

夜明けと同時に起こったひとつの小さな物語を胸に

私たちは無言でいつまでも、その諏訪湖を眺めていた・・・



qq016.jpg









posted by teruya at 11:56| 愛知 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索