2013年06月26日

スーパーmoon と 世界遺産


日付:2013.06.22〜23


富士山登頂(2013.6.1 過去記事へ)


満月、スーパームーン、世界文化遺産登録、沖縄戦終戦日、・・・

まあ、色々重なりましたがサリーの要望により富士山へ行って来ました!

今回は、神奈川在住のF家と共に。

pp640.jpg

今回は満月と御来光を拝むことをテーマにしてるので夜間登山を計画。

土曜日の昼下がりにゆっくりと出発し、富士宮市内にある

駿河一ノ宮「浅間大社」(センゲンタイシャ)へ、御神体でもある

富士山へ立ち入ることを報告に行く。

すると、鳥居に「世界遺産」を祝う垂れ幕と取り付けている最中で

静テレや他TV局がカメラを準備している状態だった。

我々は世界遺産登録が決定するのに合わせたわけでは無かったが、なんとなく

必然的?に遭ったのだった・・・

そして私が引いたおみくじはもちろん「大吉」。

pp645.jpg

ひとしきりお参りしたあとは、回転寿司で腹を満たし新五合目へ移動

山頂は雲の中だが、今夜遅くから晴れる予定だ。

しかし、今年は梅雨っぽさがない。

pp646.jpg

新五合目についてすぐ、何か光が吹き出しているような光景に出くわした。

そう、今回の富士登山は変わった光の現象に多く出会ったのである。

pp647.jpg

日暮れと共に満月が見えてきた。

pp648.jpg

スーパームーン

しばらくして、F家と合流し車で仮眠をとってから出発。

pp649.jpg

もう少し晴れているかと思ったがうす雲が広がり朧月となっていた。

pp650.jpg

日本は明るすぎると思った夜景。

家庭の節電もさることながら外灯の数、自動販売機の明かり、まだまだ削る

ところはたくさんある。

pp651.jpg

スーパームーンのおかげでヘッドランプ無くても十分に

明るかったが、登山道のゴロゴロした火山岩が危ないので先頭はつけた方がよかった。

pp652.jpg

ゆっくりと登ったので山頂で御来光予定が間に合わず、9合目で悩んだ結果

9合目小屋からブルドーザー道をトラバースし御殿場口の登山道に行けば

見えるかもと思い向かったが、そこまでいく途中で出そうだったので

ちょうど良い場所で一か八か待機してみる。

富士宮口は南斜面からの登りだからご来光には不利となるが

山頂へは最短路だから人気の登山口だ。


pp653.jpg

いい感じに空が焼けて来た。


pp654.jpg


真っ赤か

ここ数年いろんな山からの御来光を観て来たが、標高が高いせいか

富士山からの御来光は格別に思う。

pp655.jpg

隊長は下でスタンバイ。

のちに分かることだが、下では私たちがいる場所より御来光が遅れて

見えるため隊長は走って登ってくることととなる・・・


pp656.jpg

来たかや?

一か八かでこの場所にとどまっていたが御来光が見れることが分かり

みんな大喜び!

pp657.jpg

これほど立派な御来光は今年初。

いや、ここ数年で一番かも

pp658.jpg

雲も旭に焼けていい感じだ

pp659.jpg

やった〜

pp660.jpg

と、振り返ると影富士が出来ていた。

帰ってきてからこの写真を見て気づいたが、そこの日の当たっている斜面に

立ったら影富士の一部になれたのでは?と思った。

今年これから登る予定の方、お試しアレ。

pp661.jpg

しばしマッタリ

pp662.jpg

んっ?逆影富士?

どういう事なのか分からないが影富士と対称にVの字に影になっていた。

pp663.jpg

今年初の3000m超えのF家はちょっと辛そうだが

なんとか頂上へと励まし出発。

9.5合から一昨日に降った新雪がバリバリに凍っている箇所があり慎重に登る。

pp664.jpg

頂上奥社からもうひと踏ん張り、最高峰剣ヶ峰に向けて足を進めるも

F家ダウンで私とサリーで先へ進む。

今となっては、あそこでダウンする気持ちも十分にわかる。

私も過去2回は頂上鳥居のところで十分な達成感に満たされ

ほんの数m歩けば火口を見れるのに、その火口を見る気力も体力も

無かったのを憶えている・・・

pp665.jpg

がんばりましたサリー

pp666.jpg

前回からはずいぶん雪が溶けたようだ

pp667.jpg

F家持参の「マルタイラーメン」をおいしくいただき

登りでちょっと危険だった雪道を避けるため

下山はブルドーザー道で9.5合までくだる。

夏山開すればこの道も使えなくなるし、落石も多そうなので気をつけなと危ない。

pp668.jpg

下っていると、登って来たおじさんがいきなり

「今日18時からTBS見てね、私出るから・・・」

と我々に声をかけて来た。

このおじさんと言っては大変失礼だが、この方は

現在、富士山登頂回数1400回は超えていて年間200回、

一日2登頂60回以上という有名人の 「實川欣伸 jitsukawa yoshinobu」さんだった!

たぶんこの日、私たちと会ったのも2登頂目だったと思う。すごい・・・

⇒實川さんオフィシャルWEBサイト

名刺とステッカーをくれた。

日本山岳会の登山家で、7大陸最高峰登頂まであと1座エベレストを残すのみ。



そのWEBサイトで知ったのだが、今週末に名古屋で下記イベントがあるみたいだ。

234x60-banner.gif

「第1回 夏山フェスタ」

實川さんも日曜に講演するみたいなので暑くなければ行ってみようかな?


pp669.jpg

あ〜もうくたくたって感じで6.5合小屋で休んでいると

珍しい何とかっていう虹のような虹ではない現象を見れた。

pp670.jpg

6合目からガスの中に入ってもちろん新五合目も真っ白。

いい感じにみなさんグダグダ感だしてます・・・


ああ〜、よかった〜



来週から7月!本格的な夏山始まるね


posted by teruya at 20:44| 愛知 ☁| Comment(0) | 百名山登頂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索