2013年03月04日

西穂独標〜ラピュタ発見の想い〜


日付:2013.3.3

2012.10.9 西穂3峰まで(無積雪期)過去記事


会社の山岳会?結成から3年もたって2回目の山行へ行って来ました!




西穂への玄関口、新穂高ロープウェイで9時発の始発の30分前

には並びたいと言うFJさんとの待ち合わせに少し遅れそうだったので

TELでFJさんには先に並んで行っていてもらった。

我々が着いた時には観光バスがひっきりなしに到着しロープウェイ駅は

大混雑で、その人ごみを見て絶望の念に駆られながら並ぶ。

結局予定より1時間もかかって終点に到着。FJさんは先に行っているので

山小屋で待ち合わせ。

pp256.jpg

ごめんなさい

山小屋に着くとFJさんは外で立って待っていた・・・−15度のなか・・・

本当に申し訳ない・・・1時間は待っていただいたようだ。


さらには、ピーカンの予報だったのに、ごらんの通りのガス・・・

これから先は稜線のため風が容赦なく吹き付ける。

サリーは明日から九州へ社員旅行なので無理をせず、早々に棄権し山小屋に戻る。

そういえば、前夜のBSで放送していた冬山特集でここの山小屋のラーメンが

紹介されていた。サリーは、そのラーメンを食べたらしいがおいしかった様だ。

pp257.jpg

ガスの中、何も見えずやる気もでないのでエビの尻尾でも2人して撮る。

pp258.jpg

かすかにピラミッドピークがのぞく

そこ目指して西風で涙をチョチョ切れさせながら進むと・・・


pp259.jpg


ふっ、と視界が開けた

pp260.jpg

振り返れば

ガスの上に出たようだ。

それにしてもすげ〜眺望!たまらん

pp261.jpg


笠ヶ岳がかっちょいい


pp262.jpg


感動で涙が出るほどすごい

pp263.jpg

シュカブラも絵になる


pp264.jpg


最初から晴れていなく良かった。ジラシ戦法は感動を増幅させる。

そして何も無いより雲の演出が素晴らしい!写真がとまらん

pp265.jpg

独標へはこれから岩場に入るので気を引き締める


pp266.jpg


結構な勾配でひざも使いながら登る

pp268.jpg


最後はピッケルを頼りに這い上がる


pp269.jpg


私のせいで遅い出発だったのが逆に良かったのか

独標にはだれもいなかった。


pp271.jpg

あとから単独の方が1人来て3人で写真をとりあう


pp272.jpg

乗鞍が美しすぎる!

今まで乗鞍がかっこいいとは思ったことが一度も無かったが

雪化粧でまるで違う姿になるとは・・・

pp270.jpg

今日は穂高もばっちり見えた

風も気にならないくらいしか吹いてなく最高だった。


が、ここでまずいことに気づく!

今は13時40分。ロープウェイ最終が15時45分

約2時間しかない・・・


pp273.jpg


名残惜しいなか登りの倍の緊張を強いられながら下る。

pp274.jpg


あっ!サリーが途中まで来ていた!

登っている途中、ちょっと登ればガスの上に出るよとTELをかけていた。


pp275.jpg


そして、またガスの中へ


pp276.jpg

しかし、たまにサーっとガスがぬける時がアル

pp277.jpg


なんか

ラピュタをみつけたときもこんなんだったのかな〜っと思ってしまった。


pp278.jpg


ほんとにしびれるほどいい

ほんとうに良かった。

pp279.jpg

山小屋から雪深い森へ

急な下りはお尻で滑りながら歩いたので、ぎりぎり最終電に乗ることができた。



その森にあった杉の枝には花粉の入った?黄色つぼみがついていた・・・



追伸:その帰りからクシャミ、鼻水がすごいです・・・
   私もチョメチョメの仲間入りでしょうか?



ご安全に



posted by teruya at 19:38| 愛知 ☀| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索