2015年08月22日

にゅう〜初2000m超え〜


日付:2015.07.25〜26

(hina:1歳)


愛知県に来て早6年目の夏

今夏は例年に比べ少し過ごし易いように感じてきた

体が南国に慣れてきたか? 会社事務所のエアコンが壊れ

工業用扇風機2台で熱風掻きまぜのなか仕事しているせいか・・・

まあ、そんな夏真っ盛りに今年初のネイチャー教室、兼 

子どもを迎えてから初の本格的高所トレッキングに行ってきました!


pp680.jpg


場所は一通り悩んだ結果、いつもの「にゅう」へ

有料駐車場ですでに標高2000を超える

車を降りると下界の灼熱がうそのよう・・・今日は風が

結構あり寒いくらいだ


pp681.jpg


hinaはモンベルのベビーキャリーで私に担がれながら出発

一度、地元の本宮山で試しているので使い勝手は問題ない

気持ちいいのか、終始寝ているかはしゃいでいた

pp682.jpg

ネイチャー教室の参加生は、私の会社の同郷同僚の「二角形」と

サリーのゴスペル仲間の「ミユキチン」と結構登ってる「まこP」

ルートは鮮明だし迷うことはないが一応、地図の使い方とコンパスワーク

を確認する


pp684.jpg


風があるため鏡面とまではいかないがいつ見ても綺麗だ


pp687.jpg


苔むす森をゆく


pp688.jpg


ばぁ

pp683.jpg


にゅう山頂までちょっとと思い、hinaの服は綿製の普通の服を着てきたが、

風が強いため脚などは結構冷たくなっていた

それが悪かったのか、hinaおお泣き

pp689.jpg


下山しようとも思ったが、泣き止んだので

手で抱っこしながら上を目指した

pp691.jpg

登頂!

pp690.jpg

風が強く脚がすくむ

と、そんな強風でhinaのかぶっていた帽子が谷底に

飛んでいってしまった・・・お気に入りだったのに

オーマイゴット


そんなhinaは下山時、ぐっすり寝ていた


宿までの道中、JAで産直野菜を買ってグリーンシーズンの定宿

紀州鉄道のネイチャービレッジ諏訪塩嶺

ホットプレートで焼肉

極限まで冷やした地酒「真澄」が格別に馬うま過ぎ〜ZZZ




次の日は
秋なら高ボッチでご来光の定番コースだが現在の日の出時間は4時過ぎ・・・


pp693.jpg

8時にチェックアウトし和田峠よりビーナスラインへ

pp694.jpg

以前より気になっていた八島湿原へ

この時間帯で無料駐車場へ駐車できたがすぐに満車になったので

なるべく早めに来たほうがよい

pp695.jpg

にっこうキスゲが夏空に映える

pp696.jpg


いや〜今日はなんとも心地いい日和だこと

八島湿原を後にした我々は引き続きビーナスラインをドライブし

霧が峰へやってきた


pp699.jpg

ここの眺望もすばらしい

アルプス、富士山、八ヶ岳を見渡せる


pp698.jpg


北アルプスをバックに一応鐘をならす



pp697.jpg


お昼は、冬の定宿であるウォールデンの近くの蕎麦屋へ

ダッタン蕎麦と十割そば、ダッタン蕎麦おにぎりの蕎麦セットを

いただいた。名物?は、かき揚げ蕎麦

一度ご賞味あれ


子連れながら、真夏にすがすがしい、なかなかいい旅だった


そして、帰りにみなさんから1歳の誕生日にとhinaに新たに

帽子をプレゼントしていただいた。


ありがたい

posted by teruya at 11:30| 愛知 ☁| Comment(0) | 子連れトレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

鳥海湖〜笙ガ岳方面に〜


日付:2015.8.11

(hina:1歳)


pp717.jpg

夏の国道7号の景色

pp700.jpg

あまりぱっとしない空模様のなか鉾立口より入山する

同じく帰省している二角形とともに

pp701.jpg

hinaも一緒に

朝早くから親の楽しみのために付き合ってもらってます

pp702.jpg

天気のせいか平日のせいか、人はまばら

カンカン照りでないので登りやすい

pp703.jpg

鉾立口からは石段で歩きやすい

あっという間に稲村ヶ岳が見えてくれば小浜小屋はすぐだ

pp705.jpg

前回のにゅうでの反省で

モンベルでキッズ用のインナー上下にウールのソックスでバッチリ


pp706.jpg

いえ〜い!

pp713.jpg

小浜小屋から笙ガ岳方面へなだらかな稜線をたどる

写真はその稜線から小屋を見ている

pp707.jpg

人気がなくお勧めの穴場だ

pp710.jpg

広い平地になっていて眺望も最高

人もいない

pp712.jpg

しずかでのんびりと休憩

ぼお〜っと


pp711.jpg

下る途中

大都会東京からお越しの同じく、2歳くらいの子供を

キャリーバックスタイルで登られているご夫婦と少しお話し

させてもらった

なぜなら、本来私たちがほしかったマックパックの

高級(モンベルの1.5倍)キャリーバックを使っていたからだ


やはり、行動中のふらつきがなくドッシリと安定しているようだった

pp716.jpg


hinaがもう少し大きくなったら、それかな・・・


くれぐれも子どもの高所はご安全に



そろそろソロ山行も行きたい今日この頃です




posted by teruya at 09:25| 愛知 ☁| Comment(0) | 子連れトレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索