仙丈ケ岳


日付:2014.5.1〜3

2013.5.1〜3 ちょうど一年前のソロ山行記事へ

足の具合も良くなり今年のGWはガッツリ山に入ろうと思い

3泊4日で甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳をサリー、三上と3人で目指しました・・・

が・・・


pp300.jpg

1日は、昨日までの雨上がりということで移動日、テン場までのアクセスにあて

12:30 戸台発のバスにて歌宿までやって来た。

一緒のバスに、業界では有名なヤマケイの取材陣も一緒に乗っていた。

実は、バスに乗る前にそのヤマケイの方々を探していたねえちゃんに

「すいません、ヤマケイの方ですか?」と間違われるという一幕があった。


pp301.jpg

それはともかく、

実は私は、先週の出張で腰を痛め、ちょっと不安が残る中での出発だった。

そして、

これが、私が元気にザックを担ぐ最期の姿となるのであった・・・

pp302.jpg

雲が出てきたがまだ、甲斐駒が姿を現していた。

pp303.jpg

30分くらい歩いたところ平右衛門谷付近の雪渓を越えたところで

ヤマケイの取材陣を迎えに「こもれび山荘」の車が迎えに来ていて

なんと、人は乗せられないが荷物だけでも運んでるくれるとの事!

腰に不安がある私にとってはとてもありがたくお願した。

そのとき、荷台に乗せるため勢いつけて持ち上げた際・・・

「グギッ」と一瞬、腰に激痛が走った。

激痛に顔が一瞬しかめたが、その後歩けないほどではないが

左の腰が歩くたびにピキピキいっていてサリーと三上には黙っていたが

山荘までの林道歩き中ずっと、明日の行動について一人会議をしていた・・・

pp304.jpg

そんなことは知らず、2人は

軽い身になった私たちは、雨が降ってきてもルンルンでその先を進んだ。

pp305.jpg

荷物はこもれび山荘に置いていただいていたので取りに寄った。

pp306.jpg

荷物を運んでもらった直後から結構、雨が本降りになり

カッパがびしょぬれ、そしてなぜか私はカッパの下をはいていなかったので

ズボンがびしょぬれ、しかも変えのズボンは持ってきてなかったのだ!

そんな濡れた身体が蒔ストーブでぽかぽかの暖かい山荘に入ったら

なんだかゆっくりしてしまって三上と2人でビールを注文、サリーは

挽きたてコーヒーを注文してゆっくりしてしまった。

さらにぬれたカッパは乾燥室を使って乾かしていいよとのことで

ほんとにありがたかった。

ああ、このままここに泊まりたいとテント泊の人々は皆思ったはず。

そして、私の腰は徐々に悪化し

一人「明日は、というか今回は登れないかもしれない・・・」と思っていた。

pp307.jpg

テント場に着き、テント設営もままならない。

やっぱ明日は無理っぽいとサリーと三上に報告。

明日はサリーと三上2人で行くことにしてもらった・・・

pp309.jpg

ああ、なんてことだ・・・お〜ジ〜ザス・・・

私はもう、こんな状態でテント内で痛くて座ることも出来ず

寝返りも出来ず苦しんだ。

ごらんのとおり、寝袋にも入りきれずサリーに手伝ってもらって何とか寝ることができた。


pp310.jpg

寝返りのたびに激痛があったが結構ぐっすりと寝ることが出来た。

明け方4時ころ、満点の星空を撮影したいというサリーに

設定の仕方を教え撮った小仙丈と星

私はそれどろこではなく、明日のわが身の不安でいっぱいだった・・・


pp311.jpg

6時前にサリー、三上を見送る

写真はサリーと三上が撮って、私がこの記事を書く。

今回もめちゃんこ天気良かった。

私の登った去年もかなり良かったので記憶が鮮明に残っている。

だから、2人の盛り上がり具合が手に取るように解る。

なので書ける。


pp312.jpg

テント場から林道へ出てすぐの登山道より登ること2合目あたりか?

急にこの、心に刺さるような美しい北岳に歓喜する。


pp313.jpg

あれは、私が去年の秋に行ったアサヨ尾根か

pp314.jpg

2時間弱で樹林帯を抜けると真っ白いな小仙丈ケ岳が見えてくる。

この時、私は仰向けになるしかないので持参してきた

宮部みゆきの「模倣犯」の3巻を読んで現実を忘れ、

ふと、本をどけると、この雲ひとつ無いすばらしすぎる青い空と

しらかばの白い木々に「ああ、登っていれば最高だな〜」と

思い、ちょっと動けば激痛に顔を歪め

「明日、どうやって帰ろうか・・・」

と現実に悩むことをひたすら繰り返し、太陽光に蒸された

テント内で過ごしていた。


pp315.jpg


富士山も見える


pp316.jpg


もうここからは楽しさしかないのである。

pp317.jpg

振り返れば甲斐駒ケ岳

pp318.jpg

小仙丈ケ岳への急登もたのしい

今年はずいぶんと雪が多く残っているようだ


pp319.jpg

北岳が勇ましい

pp321.jpg

やはりこの辺からのカールの眺めが最高

pp322.jpg

美しすぎます

pp323.jpg

踏み外さないよう、慎重に

pp324.jpg

ここからはずっとこの景色を眺めながら

pp325.jpg

登っちゃいましたね

pp326.jpg

そして、山頂で昨日一緒にきたヤマケイの取材のおねえさん達

取材されたそうで、来年4月号の「ワンダーフォーゲル」にサリーと三上さん

の写真が掲載されるかも・・・

pp327.jpg

皆そうだが、いつまでもココにいたいという気持ち

pp328.jpg

惜しみながらくだる


pp329.jpg


ケツがビチョビチョになるけど・・・


pp330.jpg

わあ〜〜

pp331.jpg

あ〜〜

pp332.jpg

惜しみながら樹林帯にはいり、後は黙々下るだけ

私は計画では14時にテント場にもどる予定なので

サリーがちょっと遅れるとして、15時まえから

リハビリもかねてテントの外へでて、テーブルにすわり待っていた。

しかし、待てど暮らせど来なかった。

おかげで隣でご飯を食べていた方と1時間半ほどお話させていただき

楽しい時を何気に過ごすことが出来た。ありがとうございます。

ブランデーを勧められたが、ホントは超飲みたかったのだが

腰の具合と明日の帰りが不安で、気持ちだけいただいた。

また、どこかでお会いできれば是非一杯やりたいものです。


pp333.jpg

戻ってきてからは、私が3品ほどツマミを作り

明日の深刻なご相談をした。

「ごめん、何とか歩けるかもしれないけど荷物は担げません」

「よって、三上氏に担いでもらうことになると思います・・・」


pp334.jpg

ありがたい。

持つべきものは友である。

心よく、バス停まで2往復してもらえることに。


pp335.jpg

なんとも情けない私の後姿。

なんとかストック使って歩けるまで回復

pp336.jpg

鋸岳の大キレット

風が心地よい

pp337.jpg


ありがとう三上


pp338.jpg


そして、さようなら



地球の平和を守るため帰っていくウルトラマンのようであった。




一生、忘れられない日でありました



ああ、ほんとにありがたい。謝謝





posted by teruya at 22:15| 愛知 | Comment(2) | 百名山登頂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

伊勢・熊野の旅路@


日付:2014.4.18〜20


以前より、サリーのお母さんと伊勢へ行きたいと考えていて

このちょうどいい気温でGWの空いている時期に出逢いに行ってきました。

pp129.jpg

ETC使用頻度の多い我々にとって、ETC割引きが終わったのが

非常に痛い今日この頃。

平日の金曜日だったため、なんとかお母さんにはがんばってもらって

ぎりぎり4時前にゲートをくぐってこの伊勢外宮までやってきた。

朝7時もなっていないので非常に人がいない。

前回来た時はもっと早かったが・・・

pp130.jpg

あいにくの雨

pp131.jpg

しかし、森の中の神殿はよく雨が似合う

そして、森が喜んでいた

pp132.jpg

内宮に移動しゆっくりと参拝

モノトーンの中に新緑のもみじがとても映えている

pp133.jpg

猿田彦神社へ行く前に赤福で一服

甘すぎず、心地よい舌触りの餡

ぺろりとたべてしまう。

これからの季節は、カキ氷の中に赤福が入った「氷赤福」が人気のようだ

pp134.jpg

人生の「転機」の道案内神とも言われる「導きの神」猿田彦命

伊勢に来たら、はずせない神社である。

参拝後にお昼をどこで食べようかと話しながらなんとなく

川伝いを散策しおかげ横丁へ行こうとした途中で出逢ったお店

昼から豪華に「おとうふランチ」

pp135.jpg

結構有名なお店でガイドブックに必ず出ているお店

食べかけで申し訳ないが、是非こちらは食してもらいたい

「とうにゅうソフト」絶品である

pp136.jpg

シックな店内から大きな幹がいい感じの雨の日を演出している。

pp137.jpg

店に入るときは気づかなかったがとても大きなイチョウの木だった。

pp138.jpg

建てるときにこの大きな木を切らず、活かす

粋な職人技だと思った

pp139.jpg

伊勢を後にし、二見興玉神社へ

R42沿いにある音無山公園の駐車場に駐車し歩いて海岸へ

旅館まつしんの番犬がワンワン吠えている

pp140.jpg

雨も上がり海岸沿いを歩いて向かう

pp141.jpg

夫婦岩があり、縁結びとして有名

pp142.jpg

その後、一気に南下し新宮、勝浦方面へ

国土を生みおえたイザナギ、イザナミは海や川、山など自然神を次々

産んでいく、そしてイザナミが火の神を産んだときに火傷で死んでしまう・・・

そしてイザナミは黄泉の国の住人になる。

イザナミが葬られた土地として伝えられるのがこの花窟神社(はなのいわや)

pp144.jpg

本殿はなく70mもある巨岩を目の前に圧倒される。

このすぐ目の前に火の神も祭られているのが考え深い

pp145.jpg

本日の宿「わかたけ」さん

勝浦駅のまん前で、露天はないが温泉宿である。

pp146.jpg

一番安いコースの夕食だが十分豪華。

というより、酒好きにはたまらない内容である・・・

pp147.jpg

鯨の臓物

pp148.jpg

マグロの胃袋

などなどめずらしい珍味を肴に、まずは地ビール

「熊野古道ビール」

ベタベタのネーミングのわりにかなりおいしい地ビール

一度ご賞味あれ。私のなかでは一番かもしれない・・・


pp149.jpg

そして、遊び心ある徳利で地酒を堪能した

大満足して、そしてすぐに爆睡だった zzz

pp150.jpg

翌朝は5時起きで近くの港へやってきた

日本海育ちの私としては、太陽は海に沈むものであるが

太平洋側の方は陽が昇るものである

pp151.jpg

うっすら霞んでいるが大きな存在感の旭日だった・・・

今日もいい予感



つづく・・・・













posted by teruya at 22:46| 愛知 | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索