2014年04月13日

愛知県の秘湯へ


日付:2014.4.12


今週末は、最高の残雪期登山日和でがんす・・・

どこに行こうか?木曽駒?御嶽?やっぱ・・・

「白馬、唐松岳にしよう。」

仕事中、サリーにメールで連絡し行動食を買っておいてもらった。

仕事を切り上げ、そいで帰ってまずやったことは、靴を履いてみた。


が〜ん・・・



痛い。



先週、フェンスを乗越えようとして思いのほか足が上がりきらず

右足くるぶしを強打。

メチャメチャ腫れたので一応、レントゲン撮ってみたが大丈夫だった。


qq74.jpg

たかが、打ち身。

されど、打ち身。

歩けるようにはなっていたが、ハイカットの登山靴に圧迫されて

普通に立つだけで痛みが走る。

「やっぱ、無理だ・・・」


サリーと二人でしける

ヤケ酒し、コタツでそのまま寝る・・・


qq75.jpg


起床

さて、どうしようか?

足治るように温泉に行くことにした。

途中、豊橋でのアジアンのイベントに寄って浜名湖から天竜川沿いを上がる

qq76.jpg

R152,R473の秋葉街道の山道をいく

qq77.jpg


佐久間ダムからは、狭いグネグネの県道1号となる


qq78.jpg


トンネルをいくつも越えて


qq79.jpg


山道走ること2時間、ようやく着きました。

豊根村 教育文化センターに併設されている「森遊館」

よく見てください・・・

■営業日: 土・日・祝日
      午後1時〜19時

■休業日: 月〜金

秘湯です


qq80.jpg

16時のゴールデンタイムだが、車1台、バイク1台のみ?


qq81.jpg


となりの大きい建物かと思ったが、どうもこの奥らしい

この「ガズームラ」

なんだそれ?と思い、帰ってから調べてみたら

トヨタ自動車主催でやっている、車じゃないとアクセスできない場所

の村おこし的なものを全国でやっているようであります。

⇒ 「Gazoo mura」サイト


qq83.jpg

大人420円

現在、露天風呂は中止中

qq84.jpg

見てのとおり、女湯と更衣室と内湯が筒抜けになっているため

サリーが常連のおばあさんに色々話しかけられてるのが丸聞こえだった。

qq86.jpg

洗い場

qq85.jpg

内湯

泉質: ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉

ちょっとぬるっとしていていて、渋みのあるとてもいい湯


qq87.jpg

先に入っていたバイカーの方が上がったので窓全開にして

露天気分

温度もちょっとぬるめで最高にきもちいい湯だった。


qq88.jpg

帰り道、とみやまバンガロー村に見事に咲いていた

しだれ桜

いい感じ


帰り道は、受付のおじさんに聞いた近道で、県道426を進んで

一番目のトンネルをでたらすぐ右の林道へ右折し、突き当たるとR151

これが一番早そうだった。



静かでいい泉質、十分な秘湯でした。



posted by teruya at 12:59| 愛知 ☁| Comment(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

新たな趣味〜MTBすげ〜@


日付:2014.04.13

先週の事、前から気になっていた「自転車」を買ってしまった。

街乗りや通勤で使うには、抵抗が大きいブロックパターンのマウンテンバイク。

山に行こうとしたが強打した足が痛く登山靴が履けなかったので

せっかく買ったチャリでお出かけすることにした。

qq90.jpg

朝5時前に起床し、6時の時報花火とともに出発。

qq91.jpg

山超えして、海まで行こうとgoogle地図で確認した。

「東三河ふるさと公園」沿いの県道368で行く


qq92.jpg

おっ、と砂利道?


qq93.jpg

いのししを捕らえるトラップか?

qq94.jpg

ほんとに県道か?これ?

だいぶ荒れている・・・


qq95.jpg

つうか、道無いよね?

まじで?

qq96.jpg

藪を掻き分けると丸太の橋?があった。

降りて渡る


qq97.jpg

完全に車は通れない登山道の様

qq98.jpg

果たして自転車で行っていいものか迷うが

なんだかワクワクしてきたのでとりあえず進む

すると、どっかの道に合流した。

あっ!

知ってるココ

何回かトレッキングで歩いたことがアル。

ふるさと公園から公園外に出たところ

にあるいつの時代からあるのか、たぶん江戸時代以前からあったと

思われるいわゆる「古道」が東海道の宿場「御油」に続く道があるのだ。




qq99.jpg

だいぶ荒れているところは自転車を押しながら進む

qq100.jpg


しかし、MTBすげ〜

アスファルトではイマイチだが、山では本領発揮!

水を得た魚のようだ。

ギヤを下げて漕げばグイグイ登るし、ブロックタイヤががっちりグリップする。

qq101.jpg


しかし、斜度がきついと無理

qq102.jpg


ココが公園からの来る道の分岐

宮路山へとつづく


qq103.jpg

先ほどの看板に書いてあった「馬頭観音」

江戸時代には灰野村と御油を結ぶこの道は往来が激しかったらしい。

ココまでの登りが「灰野坂」という峠であり、昔は人と荷物の運搬は

もっぱら馬に頼っていて、その愛馬が無くなったのを哀れんでこの観音

を建立されたらしい。


qq104.jpg

いい感じの竹林をブイブイ進む

qq105.jpg

おっ、最近設置が多くなってきたシカ、いのししよけ

開けて先へ進む


qq106.jpg

「灰野ヤブニッケイ」

たぶん天然記念物的な

このきれいな竹林のことかな?


qq107.jpg

きもちいい

超最高にたのしい。

アドレナリン出っ放し!

この道に導いてくれた神様に感謝。


qq108.jpg

アスファルトにでた


qq109.jpg


すぐに「八柱神社」


この「八柱」と聞くと、黄泉の国にイザナギがイザナミを迎えにいった際に

変わり果てたイザナミの姿に八柱の雷神がまとわりついていたと古事記にあった

のを思い出し、なんだかあまりいい感じは受けなかった・・・





つづく






posted by teruya at 21:38| 愛知 ☀| Comment(0) | あそび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索